参考資料

参考資料

■参考資料
こちらは、SetROBOを使用する際の参考資料です。

・ショートカット一覧集
 こちらは、画面を直接開く際のショートカットコマンドの一覧です。
 画面を開く際などの無駄な手順を省き、画面を確実に開く事が出来ますので
 ご使用ください。
ショートカット一覧集  ・ショートカット一覧集(pdfファイル)



・UIコントロール一覧集
 こちらは、通常の記録機能で記録したコントロールがUnknownとなった場合に
 使用するUIコントロールの機能一覧です。
 UIコントロールを使用すると、Unknownと記録されたコントロールでも、
 動作可能となります。(一部動かない場合もあり)
 ※注意:通常の記録機能で取得できるコントロールにUIコントロールを
     使用しないでください。誤動作や機能停止の原因となります
UIコントロール一覧集  ・UIコントロール一覧集(pdfファイル)



・InspectObjectsインストール手順について
 こちらは、通常の記録機能で記録したコントロールがUnknownとなった場合に
 コントロールの種類とコントロール名を確認することが出来るツール
 「InspectObjects」のインストール方法と操作方法についてのドキュメントです。
 ※本書の記載内容は、SetROBOのコード作成時に使用する為に
  必要な内容のみとなっております。
InspectObjectsインストール手順について  ・InspectObjectsインストール手順について(pdfファイル)



・サーバ接続&コピー用&SetROBO実行バッチサンプル
 こちらは、サーバに接続し、サーバ上のファイルを任意の場所にコピーし、
 SetROBOを実行するサンプルバッチです。
 使用する場合は、必要な部分を編集してご使用ください。
サーバ接続&コピー用&SetROBO実行バッチサンプル  ・サーバ接続&コピー&SetROBO開始バッチサンプル(txtファイル)



・サーバ接続&サーバ上にログ出力&バッチ削除バッチサンプル
 こちらは、サーバに接続し、サーバ上にログを置き、本バッチファイルを
 削除するサンプルバッチです。
 使用する場合は、必要な部分を編集してご使用ください。
サーバ接続&サーバ上にログ出力&自分自身削除バッチサンプル  ・サーバ接続&ログのコピー&バッチ削除バッチサンプル(txtファイル)



・実行結果のCSVファイルをマージするバッチサンプル
 こちらは、実行結果のCSVファイル(Log.csv)をマージするサンプルバッチです。
 使用する場合は、ヘッダー行だけを記述している「header.csv」ファイルを
 準備してから実行してください。
Log.csvファイルをマージするバッチサンプル  ・実行結果のCSVファイルをマージするバッチサンプル(txtファイル)